Shopping Cart

カートに商品がありません。

Go to top
About Seese

アップリカから フラディア グロウが3月に発売

アップリカから、フラディア グロウが発売との情報が入ってきました。

3月4日から先行予約を開催します。

フラディア グロウは、
発育段階に合わせた理想的な姿勢を常に保つ構造を持った唯一のチャイルドシートです。

赤ちゃんの成長に合わせて、最適に使うことができる製品を作ることはアップリカの得意技ですね。

ステップとして3段階あります。

ステップ1 平らなベッドでぐっすり
ステップ2 足が伸ばせてゆったり
ステップ3 大きくなってもぴったり

主な特徴

ステップ1

首すわり前の大きくて重い赤ちゃんの頭や首が前に倒れず、赤ちゃんが呼吸しやすい姿勢を実現し、赤ちゃんに負担をかけず健やかな成長を守ります。
ダブル台形シートにより、手足が自由に動かせるシート形状なので、赤ちゃんの健やかな成長をサポートします。

ステップ2

足を自由に動かせるスペースを確保できるので、おすわりできるようになった赤ちゃんの発達段階に合った自然な座姿勢を実現し、その時期に必要な運動学習をサポートします。
レッグルーム 足が伸ばせるスペースが、現在アップリカで販売している製品で最も広く、足の運動を妨げないので、赤ちゃんの健やかな成長をサポートします。

ステップ3

たっちできるようになった赤ちゃんの体格に合わせて、ヘッドレストの高さや座席の奥行の調整ができ適切な座姿勢を実現できます。
デプスアジャスター 座席の奥行きが2段階調節できるので、赤ちゃんは姿勢が崩れにくく、ドライブを楽しむことができます。

主な機能 特長

アップリカの考える安全性

ショックキャッチ構造(特許出願中)

衝撃を受けた時、赤ちゃんが乗るシート部分が振り子のように動き、赤ちゃんの頭部の動きを軽減します。(アップリカ調べ)

側突事故も考慮した設計

死亡重傷になった事故の衝撃方向分析に基づくと、死亡重傷要因の第一位は前突(56%)で第二位は側突(23%)です。
※側突の確認試験はUN ECE-R44/04規則ではサポートされていないため、アップリカは独自の方法で側突安全確認試験を実施しています。
※公益財団法人 交通事故総合分析センター発表(平成8~12年・6歳未満の幼児)より

フィットアジャスター

赤ちゃんの姿勢を適切に支えるために肩ベルトとヘッドレストを、4歳頃まで成長に合わせて調節することができます。また側突事故も考慮したクッションを採用しています。

通気性がよく、蒸れにくいクッション

特に汗をかきやすい背中やおしり部分※に通気性がよく、蒸れにくいカバーやクッションを採用したので、赤ちゃんは快適です。※背もたれカバー、背もたれベースカバー、ヒップインナーシート

ベンチレーションシステム本体に通気口を設け、熱がこもりにくく、通気性がある構造なので、赤ちゃんは快適です。

フレックスシェードSTD

日差しから赤ちゃんを守り、車の中でも快適な睡眠環境を整えます。シェードの角度が調整可能なので、新生児期から4歳まで長く使えます。ワンタッチで取り外すことも可能。 ※紫外線カット率シェード部99%以上、メッシュ部78%以上(アップリカ調べ)フレックスシェードSTDは、日差しから赤らゃんを守り、車の中でも快適な睡眠環境を整えます。

ママらく!回転型チャイルドシート

正面にある回転レバー乗せやすさを考えると、回転できることはマスト機能!よく使う回転操作は使いやすさが大切です。4方向どこでもロック赤ちゃんを乗せたままくるっと360°回転できます。限られたスペースでも、4方向どこでもロックできるアップリカだけの機能です。乗せ降ろしがカンタンになります。(※リクライニング1段目時のみ、日本国内で販売している回転型チャイルドシートにおいて, 2015年12月現在)

快適リクライニング

赤ちゃんの成長に合わせて3段階調節できるので、快適な姿勢をいつもサポートできます。また、後向きでは、赤ちゃんのご機嫌に合わせて、2段階調節できます。リクライニングは片手でカンタンに調節できます。(1段目:前向き/後向き専用、2段目:後向き専用、3段目:横向きベッド専用)

イージーベルトロックシステム(特許)左右どちらの座席でも一か所のロック部分でしっかり固定。取付もカンタン。

STD ,DX ,HIDX の3ランクがリリースされる予定です。

次回詳しく説明していきます。

追加;フラディア グロウ先行予約特典が発表されました。

 

 

 

93514_01_72

93513_01_72

93519_01_72

93520_01_72

93521_01_72

Leave Comments